MM第1号のドイツ戦車兵を組む その3

 おおよそ接着面が硬化した頃を見計らって右腕と背中の加工を始めます。
 まずは表現が古めかしい右肩から肘までの間を、近年のフィギュアを参考に全面的に彫り直しました。
 弧を描いた皺は全て無くし、縫い目から引っ張られた感じの大きな皺を表現しています。
20200107195410a44.jpg
 同時に部品の接合部をしっかり埋めて一体感が増すように図りました。
 アウトラインがすっきり変化して、左腕と見比べると歴然とした違いが生じました。
202001071949173b4.jpg
 ジャケットの袖口と襟は彫り込んで影がより強く入るようにしました。
 シャツが見える面積を僅かに減らし、近年のフィギュアに寄せています。
2020010720040843e.jpg
 次は広場のような背中です。
 元は中心に縫い目が全く無い、茫洋とした間延びする表現でした。
20200107201347d31.jpg
 これに縫い目と皺の表現を大きく追加します。
 肩甲骨を意識して、やや誇張気味に影を落とすように彫り込み、ベルトとホルスターも区切りがはっきり見えるように罫書きました。
202001072017230e7.jpg
 ここまでナイフのみで加工を進めてきましたが、首筋に見えるシャツの面積を減らしたかったので、ヒートペンでジャケットの襟幅を増してみました。
 右脇の袖の弛み具合も減らして、ジャケットが身体にフィットする形に修正しています。
20200107202742d5c.jpg
 このまま左半身を進めるのが正道ですが、弄り回しているうちに自信と欲が出てきました。
 次回は顔を修正してみます。

関連記事

コメント

コメント(2)
こだわりですね‼
シワへの着目&修正は流石ですね(*’ー’*)ノ
小さな集積が 大きな違いに繋がりますので、面倒がらずに細部への拘りも持ち続けることが大事なことだなぁと再認識させられます( ≧∀≦)ノ

次はいよいよ顔ですか! 楽しみにしています(o´▽`o)ノ

TAKI ちゃん

2020/01/09 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
大変ですわん!
止せば良いのに大変な領域まで手出しをしてしまいましたw
ド近眼の老眼を駆使して、裸眼で拡大しつつ彫刻しています。
確かに出来が良くなりますが、ここまで労を尽くしても、やっと普通のレベルにしかならないので、つくづく自己満足な趣味だなぁと痛感しますねw

顔は更に自己満足の極北な話ですので、生暖かく見守って下さ〜い!

仮名の世界忍者"Roger SSK"

2020/01/09 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 1960年代から90年頃までの模型シーン再現を主軸にした模型全般の製作記録です。
 それ以外でもミリタリーミニチュア、フィギュア、オリジナルSFなどを守備範囲としています。
 同好の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

カテゴリ