• ウォーカーマシンを作る:ギャロップタイプその4
     暑くなりましたね。今週は母の体調管理と仕事の両輪で体力的に厳しい日々でした。 そのため大して作業は進みませんでしたが、丁度一区切りまで来たのでご覧下さい。 ハイパーカットソー0.1ミリでキャビンの中を細切れにしました。 1/100表記のキットですが、設定画と本編の印象ではもっと小さいサイズに思えます。 そこで1/72でも人形が乗れるのか、確認を兼ねて部品を分割しました。 椅子は小さいですが、キャビンには合い... 続きを読む
  • ウォーカーマシンを作る:ギャロップタイプその3
     今まで放置して直さなかった肩を改造しました。 きっかけは他のギャロップタイプを閲覧していた際に、以前より注目していた人の作品が目に留まった事でした。 その人はいささか古い感じの塗装で仕上げますが、的確な着眼点で改修して多くの作品を完成しています。 数有るギャロップの中で唯一つ違和感に気付いて直された作品を拝見したら、後発者としては直さざるを得なくなりました。 まずは小さな肩関節にナイフの刃を突き... 続きを読む
  • ウォーカーマシンを作る:ギャロップタイプその2
     ロマンアルバム・エクストラに掲載された設定資料からギャロップの形状把握を続けていると、キットの似ていない部分が他にも有ると気付きました。 当初はホビージャパンの記事を参考に検討していましたが、下肢が小さいとの指摘は違うのではと思っていました。 胸の違和感は当然として、腕のシルエットも印象を損ねていると感じ、外形を流線型にまとめるのが良いと判断しました。 素材箱の中から似つかわしい部品を探すと、WA... 続きを読む
  • ウォーカーマシンを作る:ギャロップタイプ その1
     毎度の事ながら気が多くて申し訳有りません。 この度、ネット上イベント『酒餅X(テン)』と名古屋市で開催される『ホビジャム2020』に参加する事にしました。 今後は更に多くのお手付き品が生まれ、進行途中のキット達が先送りになりますが、趣味のブログであるが故の事と笑ってお見逃し頂ければとお願い申し上げます。 さて酒餅Xでは、昨年の第1希望として製作が叶わなかった「1/144 ダッガータイプ」にて参加を表明しました... 続きを読む

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします