• 旧キット1/144ズゴックUCその5
     何と1年半ぶりの更新となりますが、皆さん憶えているでしょうか? ほとんど仕上がり直前で止まってしまったUC仕様です。 クリアー塗装をする直前で他の作品で様々な試し塗りをしている間に、心情的に周回遅れになっていました。 こうなると何らかの切っ掛けが無いと完成しようとする気構えが起こらなくなります。 今回、やっとヤフーブログ消滅を前に重い腰が上がった次第です。 全部品を組んで撮影したのを公開するのは初... 続きを読む
  • 旧キット 1/144 ズゴックその4
     唐突に仕上げ直前の状況です。 成り行きで大改造したため、特に赤い成形色が膝関節の隙間で目立ちました。 部品内側に暗色を塗って遮蔽しなかったのが原因です。 塗料を下脚の奥までエアブラシで吹き込んだところ、カーキのグラデーションが死んでしまい、リカバリーで苦しむ事になりました。 下腕部は交換出来るようにしました。 上腕を延長する際に関節として仕込んだボールジョイント軸を利用して、もう1つのキットから... 続きを読む
  • 旧キット 1/144 ズゴックその3
     塗装途中での追加改修です。 どう塗るか悩みましたが、ガンダムUCのジオン残党軍カラーに決めました。 設定に合わせて腰中央に円形突起を追加しました。 モノアイは縁が直角に成形されていたので、カッターで全体を面取りして丸みを持たせました。 途中まで塗装をしてみると上腕の第2節が短く感じたので、更に1.0mm伸ばしました。 各部の可動状況です。 素組で気になった腕の硬直感を取り除くには関節の新造しかないと判... 続きを読む
  • 旧キット 1/144 ズゴックその2
     設定とキットを見比べて気付いたのは、肩幅に比較して身長が低い事でした。 肩幅は両胸のスリットが有るので切り詰め作業をするには向きませんし、低身長を違和感無く伸ばす必要が有ります。 結論は「胴を伸ばす」ですが、単に伸ばすだけでは足りません。 胴を一様に伸ばしてヒョロ長い印象になるのを避けるため、腹部側を2.0mm・背面側を4.0mmの楔形に延長しました。 これで腹に力を溜めつつ腰を突き出した、設定画の力強い... 続きを読む
  • 旧キット 1/144 ズゴックその1
     近年、初期のガンプラが次々と再販されましたので、懐かしさと安さから気軽に手を出してしまいました。 最小限の改造に留めるつもりでしたが、予定は大きく変わります。 一見すると過不足無い造形ですが、設定身長はドムより高い事に気付きました。 本来ならザクよりも頭一つ(?)分は背が高い筈ですが、そのままではザクのキットよりも低身長です。 これでは並べた際の違和感が無視出来ず、劇中のイメージとも合いません。... 続きを読む

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 1960年代から90年頃までの模型シーン再現を主軸にした模型全般の製作記録です。
 それ以外でもミリタリーミニチュア、フィギュア、オリジナルSFなどを守備範囲としています。
 同好の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

カテゴリ