• 旧キット1/144 ザクfeat.MAX渡辺版その2
     現在の知見に沿って改修したMSV版のザクです。 MAX渡辺氏の作例は、流用元の足首が違う2体を同時発表されていましたので、その違いを見せる考え方を踏襲します。 最初の1体目は腰の動力パイプの差し込み具合だけを直し、他にシルエットが変わるような改修は行いませんでした。 制作記録その1では、ベストバランスを探ろうと2体目と下半身を入れ替えて撮影しました。 今回の2体目は、全身を微妙に調整してキットよりも細... 続きを読む
  • モデラーの皆様へ誤字修正のお願い
     ブログを開設してから方々を訪れているのですが、とても気になる事が有ります。 非常に多くのモデラー様が”間接”または"間節"と書き間違えていらっしゃいますが、                                                     正しくは『関節』です。          素晴らしい作品を公開されている方が誤字に気付かれないのは、とても忍びない思いをいたします... 続きを読む
  • 旧キット1/144ザクfeat.MAX渡辺版その1
     ズゴックに着手する前から制作を始めていたマインレイヤー仕様のザクです。 ホビージャパン1982年7月号に掲載された、MAX渡辺氏の「3個イチ」ザクが、今なら作れるのではないかと気付いた事から始めました。 「3個イチ」ザクとは、当時発売されたばかりのRタイプに、旧ザクと足首が動かない最初のザクを掛け合わせて「最高のザク」を作る企画で制作された作品です。 その時は贅沢な作り方と思いましたが、今なら本体は... 続きを読む
  • HGUC ゲルググF 製作記録その3
     1週間、集中して塗装を続けた状況です。 旧キットでは部品内側を後から塗るのはとても困難でしたが、HGUCは関節毎に分解したまま組み立てられて助かります。 仮組みして裏側が見える箇所を確認したら、本体色の補色となる内部色を塗る事にしました。 今回はゲルググらしい塗り分けとして、設定画を参考にしつつロシア軍機をイメージした色合いにしようと考えました。 本体色は胴部と盾にATカラーのグリーン、手足とランドセ... 続きを読む
  • HGUC ゲルググF 製作記録その2
     「いじり始めると際限が無くなる」と予想した通り、マリーネから外れました。 スラスターとバーニアを減らして普通のゲルググに近づくように改造した、いわゆる『俺ゲルググ』です。 MSVのゲルググB型は、先行量産仕様のA型に高機動ランドセルを後から搭載した機体でした。 このゲルググF型は、高機動ランドセルを最初から搭載した、量産型の高機動仕様機との位置付けです。 リゲルグのような意味が判らない彫り込みの肩... 続きを読む
  • HGUC ゲルググF 製作記録その1
     ゲルググ マリーネはイェーガーとリゲルグを結ぶデザインとして練られた感じが好きです。 ただ、あちこちの過剰なデザインがキットの出来映えに悪影響を与えていて、本腰で構うにはいささか荷が重い出来です。 ならば逆に本気を出さず、手軽に格好良く出来ないだろうかと試してみました。 全体のプロポーションは申し分有りませんが、首が据わり過ぎている印象を受けましたので、まずは軸を引き上げる事にします。 顎が高く... 続きを読む

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
 拍手・感想を頂けると大層嬉しいので、同好の皆様方、どうぞ一押しをお願いいたします。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします