• 近況:リアルタイプザク着手
     こんにちは、ロジャー・サスケです。 連休直前から積まれた在庫を整理しようと確認していると、1/100リアルタイプザクが目に留まりました。「ひょっとしたら、着手するのは今では?」 自分が惚れ込んだ最初のガンプラであるこのパッケージを、いつか再現したいと思いつつ早くも30年以上が過ぎてしまいました。 先日の旧ザクに解決の糸口を見い出した今こそ、このザクへの憧憬に解答をする時期なのかも知れません。 数有るリ... 続きを読む
  • 近況:色彩の道
     旧ザクを作成中の時ですが、ツイッターで流れてきた情報に触発されて購入してしまいました「みるきぃ☆ぱすてる」システムのカラーセットです。 何でも既に絶版だそうですが、色環を12分割した構成で赤青緑系統を4本ずつセットにして販売していました。 たまたま僕の住居の近所(とは言っても数キロ圏域)の3箇所で、バラバラで売れ残っていたので、早速買い集めてみた次第。 すぐに使うのかと問われると見込みは無いのですが、... 続きを読む
  • 旧ザク1/100その9・完成
     皆さんこんばんわ、司会のロジャー・サスケです。今の今までタイトルが変わっていたのに気付きませんでしたが、気にしてはいけません。では「作っちゃおーゼ Final Season 懐かしプラモ作っちゃおーゼ!」、始まります。 今日ご紹介しますのは、旧キットの旧ザク1/100・微改造版です。本体には何ら修正を加えず、交換可能な握り拳のみを修正しています。 そしてシール表現だったモノアイと、がらんどうだったマシンガンのスコ... 続きを読む
  • 旧ザク1/100その8
     皆さんこんばんわ。「さよなら作っちゃおーゼ -ヤフーブログ終着点-」の時間です。 私、ロジャー・サスケの司会も終わりが近づいてきました。それでは今晩の旧ザク1/100さんの状況をご覧頂きましょう。旧ザクさん、この接着剤は何でしょうか? 「はい、スコープとモノアイを仕上げるに当たり、透明部品を貼る時に前作と同じ失敗をしないようにと、ツイッターで話題になった便利な接着剤を2つとも購入して試してみたのです。」... 続きを読む
  • 旧ザク1/100その7
     皆さんこんばんわ。「さよなら作っちゃおーゼ -ヤフーブログ終着点-」の時間です。 進行は本日も私、ロジャー・サスケがお送りします。いよいよ旧ザク1/100さんの完成が近づきました。今晩も引き続いて拳を語り合いたいと思います。 これは肉付けが済んで大まかに整形したところですね。旧ザクさんが握り込んだ感じがしっかり出ています。「ここからは細かい彫刻を行います。原型製作の頃から使うモーターツールで、関節の段差... 続きを読む
  • 旧ザク1/100その6
     皆さんこんばんわ。「さよなら作っちゃおーゼ -ヤフーブログ終着点-」の時間です。 進行は本日も私、ロジャー・サスケ。 ゲストは旧ザク1/100さんです。 今晩は趣向を変えて拳を語り合いたいと思います。 旧ザクさん、拳を整形するのはどんな理由が有るのでしょう?「そうですね、一言で言うならリアル感を増す、でしょうか。」「穴開き拳はスケール感に欠けるので、ヒートペンで整形すると説得力が段違いに跳ね上がります。... 続きを読む
  • 近況:木材でベースを作る。
     本日は貴重な休暇なのにも関わらず、あいにくの体調不良で製作が滞ってしまいました。 そこで最近作った木製ベースを、これも作品の一つと公開します。 近所のDIY用品店で気に入った板を購入、180番のサンドペーパーで表面を磨きます。 毛羽立ちが収まったらオイルステインを塗布。 自分好みの色合いになったら、エアブラシで表面をクリアー掛けして滲み出しを防止。 また600番から磨き出して再度のクリアー掛けを繰り返し... 続きを読む
  • 旧ザク1/100その5
     皆さんこんばんわ。「さよなら作っちゃおーゼ -ヤフーブログ終着点-」の時間です。 進行は本日も私、ロジャー・サスケ。 今晩もゲストは旧ザク1/100さんです。 いよいよ完成が近づいてまいりました。 マーキングが足されて照り返しが強くなりました。色に深みが増した印象ですね。 「デカールの段差を均して定着させるためにクリアーをたっぷりと上掛けしました。 途中でトラブルが有りましたが、なんとか抑え込んでいます... 続きを読む
  • 旧ザク1/100その4
     皆さんこんばんわ。「さよなら作っちゃおーゼ -ヤフーブログ終着点-」の時間です。 進行は本日も私、ロジャー・サスケ。 ゲストはお馴染み、旧ザク1/100さんです。 それでは最新の姿をお届けしましよう。 おお、これはまた勇ましい感じですね。マーキングが入るとグッと80年代の雰囲気が醸されます。「そうですね、やはり私達の世代には欠かせないイメージと言えるのではないでしょうか。しかしこれだけでは有りません。」 ... 続きを読む
  • プロメウスタイプその3
     さて、またしても横道モデリングです。 プロメウスの脚回りを進めてみました。 ずいぶん前に中途半端に弄ったので、太ももとスネのパネルラインが一部埋めてあります。 大きさや位置が気に入らなかったので潰しました。 横から見た形状です。 元は爪先がもっと長くて蹴爪が有りました。 パネルラインと言い、造形センスがあまり良く有りません。 裾は下まで落ちたラッパズボン形なので足首が動きません。 そこで裾を切り... 続きを読む

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 1960年代から90年頃までの模型シーン再現を主軸にした模型全般の製作記録です。
 それ以外でもミリタリーミニチュア、フィギュア、オリジナルSFなどを守備範囲としています。
 同好の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

カテゴリ