• 1/20 ブレッヒマンMk.44 ハセガワ版
     8月9日に開催が告知されたホビジャム2020に参加するため、Ma.k系で新作を用意します。 何故なら開催元がマシーネン関係者で、展示のみで参加が可能だからです。 一般的なイベントでは物販主体ですが、ホビジャムは出自が違うので、自分の腕試し的な出場が出来ると考えました。 そんな訳で選んだのが、現在ロボットバトルV系のMa.kキットをリリースする、ハセガワ版のブレッヒマンMk.44。 限定初版は2014年発売のプラモデルで... 続きを読む
  • ウォーカーマシンを作る:プロメウスタイプ その5
     久しぶりのプロメウスタイプ続報です。 他のウォーカーマシン達に連れ立って再開しました。 まずは前後の状況です。 残っていた基本的な作業は両腕の接合線を消すのみだったので、時間を掛けて丁寧に処理しました。 この際に上腕の接合部を横断していた彫刻は削り落として手間を省いています。 オーバーなリベット表現は似合わないと判断して、パテを擦り込んで乾燥を待っています。 大味な筋彫りは、どう処理しようか悩ま... 続きを読む
  • ウォーカーマシンを作る:ギャロップタイプ その1
     毎度の事ながら気が多くて申し訳有りません。 この度、ネット上イベント『酒餅X(テン)』と名古屋市で開催される『ホビジャム2020』に参加する事にしました。 今後は更に多くのお手付き品が生まれ、進行途中のキット達が先送りになりますが、趣味のブログであるが故の事と笑ってお見逃し頂ければとお願い申し上げます。 さて酒餅Xでは、昨年の第1希望として製作が叶わなかった「1/144 ダッガータイプ」にて参加を表明しました... 続きを読む
  • 1/20 ブレッヒマンMk.44 レジンキット版
     こんばんわ、今宵も古き模型世界を巡りましょう。 本日は1985年に、パソコン情報誌「月刊LOGiN」で企画された『ロボットバトルV』に初登場したパワードスーツ、『ブレッヒマンMk.44』です。 この横山宏氏がデザインしたパワードスーツは、ホバー走行するのが特徴です。 スチーム弾を射出し、機械兵器の目を眩ませながら銃弾を撃ちまくります。 誌面連載は読者参加型ゲーム企画の先駆けでしたが、企画終了後はタイトルごと横... 続きを読む
  • 終戦のFIRE BALL / 31.Oct.2009
    「Ma.k」では無く、「SF3D」である。 そんな方々にとってFIRE BALLは、今なお色褪せないSFガジェットでは無いでしょうか。 NITTO版1/20キットは両脚を繋ぐ部品が可動重視な作りで、機体に人間が入っているように見えません。 そこで、原作者のHPで紹介された1/16FIRE BALLの改造記事を参考にして手直しをしました。 ポーズや角度は原作記事を忠実に模倣して、「下半身を作成して内股気味に両脚を揃える」「マニピュレーターは... 続きを読む
  • 忍者、危うく死ぬところでした。
     日頃から注意散漫な性格では有りますが、こと生き死にが関わる事では人並み以上に注意深い筈でした。 しかし、今回ばかりは全くもって、すっかり綺麗に足元が無い事を忘れてしまいました。 1.5メートル、掛け値無しに転落。しかもコンクリートの上。 普通に死ねます。 幸いにも20センチほどの水溜まりがクッションとして作用して、しかも背中からほぼ平坦に落ちました。 ヘルメットは何処にも当たらず、首にダメージを受け... 続きを読む

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
 拍手・感想を頂けると大層嬉しいので、同好の皆様方、どうぞ一押しをお願いいたします。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします