• 今年もお世話になりました。
     多くの方々が年末の挨拶をされているのを見て、何だか自分もしたくなるとかw(´∀`*) 総括も兼ねて直近までのご報告をいたします。  今年は初っ端からミリタリーで始まりました。 まさか1/35フィギュアを改造するとは、勢いとは大事だなぁと思う次第です。 鍾馗については残念ながら完成の目処に至りませんでした。 方向性は決まっていましたが、古典キットを作る際に新機軸を狙い過ぎて使い難い塗料を使い、更に瞬間接着剤... 続きを読む
  • 1/20 アンモナイツを組み直す その4
     昨日の更新で改修は完了したと言いましたが、今日も続けてしまいました。(笑) やはり一晩経つと気になる所が見つかるものです。 3本の点火コードを束ねた引き込み口にはWAVEの『Uバーニア フラット1』を使用。 接着してから内径と同寸のドリルで開穴してコードを差し込みます。 煙幕発射器の基部には接着前に穴を開けてあります。 コードは少しずつ長さを変えて切り出しました。 差し込む配列は決めていますが長さは暫定... 続きを読む
  • 1/20 アンモナイツを組み直す その3
     GK版のアンモナイツは原作者が制作した当初の形なので、後年に手を加えたモデルを元にしたハセガワ版とは微妙な違いが有ります。 特に顔面の装甲バイザー部はハッキリと違いが分かるので、GK版に準じた改修を行いました。 最初はキットの組立説明通りに接着しましたが、装甲バイザーの右上に有る丸い部品は、当初のモデルには無い物でした。 更に中心のセンサー上端からはウルトラマンの様なヒレ状の突起が存在します。 左上... 続きを読む
  • 1/20 アンモナイツを組み直す その2
     ハセガワ版のアンモナイツはGK版と比べて全高がやけに高い印象です。 部品自体の大きさに極端な差が無い事から、取り合わせの問題なのは判っていました。 問題は簡単に直せるかどうかです。 以前から足首の軸が長く感じていたので、軸に刻まれた溝で切断して短くしました。 差し込み深さを測っても、丁度この長さ分が余計だと判断しました。 加工後のGK版との比較です。 足首が深く差し込まれて隙間が無くなり、ホバーユニ... 続きを読む
  • 1/20 アンモナイツを組み直す その1
     唐突ですが、寝かしていたアンモナイツを組み直し始めました。 74式戦車とギャロップタイプを並べていた時に天啓が降りてきたもので。 まずは手指の関節にボルトを植える事から開始しました。 ハセガワ版ではツルツルですが、原形作品には細かく丸リベットが打たれています。 ついでに手首の軸が僅かに長いので詰める事にします。 軸を切断したら、1.0ミリと2.5ミリドリルで基部に穴を開けて差し込み接着しました。 その際... 続きを読む
  • 小さな74式戦車を組む その4
     昨日から近場へちょっと小旅行、お嫁様と温泉宿へ宿泊してきました。 昨日の更新は出発前に行っています。 さて相当泣かされた足回りでしたが、何とか出発前に格好が付きました。 ここまで来れば小スケールなので、後は調整に近い作業のみとなります。 こんな感じでマフラーの先を彫り込みます。 作業には極小の丸ビットを用いました。 モーターツールの利点は正にこういう作業に有ります。 彫った後は速乾接着剤を塗って... 続きを読む

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
 拍手・感想を頂けると大層嬉しいので、同好の皆様方、どうぞ一押しをお願いいたします。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします