旧キット1/144ズゴック 再仕上げ版

 今年を振り返ると、完成作品を増やす目標は達成には至りませんでした。
 しかし、それなりの収穫は有ったと思います。
 一度は完成としたものの、心の内では未完に思えていたズゴックを再仕上げして、ようやく納得が出来ました。

イメージ 1

 今回も試験台としての塗装となります。
 コピック&ガンダムマーカーとウェザリングマスターを併用しながら大河原カラー画稿のイメージ再現を目指しました。

イメージ 2

 今回は特に胴体の特徴的な錆びの流れ具合を、位置と長さまで正確に合わせました。
 コピック&ガンダムマーカーはアルコール系なので、塗った箇所を触り続けると手の脂で消えてしまいます。
 消えるのを防ぐには、塗り終えた時点でクリアーをエアブラシで上掛けします。

イメージ 5

 特にエッジの周囲は持っている間に消えてしまうので、細かく何度もクリアー掛けを繰り返します。
 その過程でデカールの余白もクリアー層に取り込まれて段差が目立たなくなっていきます。

イメージ 4

 錆び汚れはコピックを3種類使い、退色はウェザリングマスターの白を薄く拡げて再現しました。
 どちらもクリアーで固定する前なら気に入るまで修正出来ます。

イメージ 3

 全体の雰囲気を確認しながら、意図せず汚れ過ぎた所が生じないように塗り重ねます。
 クリアーを塗ると汚し加減が少し薄くなるので、イメージした通りになるまで追加します。

イメージ 6

 最初は強かった肩の青みは、退色表現を加えた事で良い感じになりました。
 鮮やかな基本色に施すと効果は目に見えて感じます。

イメージ 7

 UC版ズゴックと隊長ザクの叩き台として仕上げたズゴックですが、塗り方・仕上げ方次第で旧キットでも見違えると再認識した本作。
 今後はイメージ通りに改造する事に拘るよりも、まずは基本に沿った作り方で数をこなして行こうと考えを改める契機になりました。

関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします