旧ザク1/100その7


 皆さんこんばんわ。
「さよなら作っちゃおーゼ -ヤフーブログ終着点-」の時間です。

 進行は本日も私、ロジャー・サスケがお送りします。
いよいよ旧ザク1/100さんの完成が近づきました。
今晩も引き続いて拳を語り合いたいと思います。

イメージ 1

 これは肉付けが済んで大まかに整形したところですね。
旧ザクさんが握り込んだ感じがしっかり出ています。

イメージ 2

「ここからは細かい彫刻を行います。
原型製作の頃から使うモーターツールで、関節の段差表現を追加していきました。」

イメージ 3

 小指の握り込みが良い感じですね。
何か参考にされている資料など有りますか?

イメージ 4

「基本的には自分の拳と設定画を参考にします。
 今日偶然に気付いたのですが、この拳がジャンボマシンダーの拳とそっくりの形に出来ていました。
 おそらく木型作成の職人さんに受け継がれていたニュアンスを知らずに拾い上げたのだと思います。」

イメージ 5

 左手も握り込んだニュアンスを込めて仕上げたのですね。
銃把を差し込まなくても自然に見えます。

イメージ 6

「形が出来たので銀色でドライブラシを掛けました。
古臭い表現ですが、昔ながらの鉄らしい重厚感を表現しようとしています。」

イメージ 7

 最後にスモークグレーをエアブラシで上乗せすると、使い込まれた鉄の雰囲気が増しますね。
 箱絵の雰囲気にも似て格好良いです。

 それでは本日も有難うございました。
いよいよ完成が近付く旧ザク1/100さんをご期待下さい。

「有難うございました。See you next,bye-bye!!」
関連記事

コメント

コメント(2)
No title
着々と進んでますね‼( ≧∀≦)ノ
握り拳というと 私の場合 旧タカラの1/24スコープドッグが印象的です!

リアルとは言えない 今となっては独特な造形でしたが 当時は 彫りの少ない拳が一般的でしたよね(*^^*)

旧ザクとなると ガチ リアルな拳も合わない感じですし 微妙なさじ加減がなかなかの高難度のように推察されますので 本体装着レポートを楽しみにしております(*’ー’*)ノ

TAKIちゃん

2019/04/21 URL 編集返信

No title
はい、ようやくここまで漕ぎ着けました!
僕にしては早々と完成が近づいてきましたが、実は先に改造版で経験済みだからなんですね~w

旧タカラの1/24スコープドッグも、いずれ決着を付けたい代物ですね~。
あの親指をなんとかすれば良い塩梅の作品が出来そうな気がします。
それでは完成した姿をご覧ください!

仮名の世界忍者”Roger SSK”

2019/04/21 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします