オットリッチタイプその3

 1ヶ月以上のご無沙汰です。お元気ですか?
 ここしばらくは仕事が忙しくなり、またツイートを見るのが楽しくて模型を触る時間が減少していました。

 そんな時、熱暑の前にとエアコンを入れ替えたら配管不備による水漏れが発生。
 間の悪いことに3日も留守にしていた作業場は一面水浸しとなりました!
 不幸中の幸いで、被害は資料本10冊にじゅうたんのみと奇跡的に少ない犠牲で収まりましたが、今も作業場の復旧目処は立っていません。

 そんな訳で、これまでの進行状況を公開です。

イメージ 1

 微妙に段差の付く接合部をヒートペンでなだらかに溶着しました。
 正面の突起は本来は砲身ですが、今作では採掘用のセンサー端子としています。

イメージ 2

 キットでは排気管が横付けされていますが、元デザインには無いため配置せず、代わりに砲塔部品をデッキ下面に接着して排気ユニットとします。
 元の砲塔が有った位置には別部品で動力部の熱交換ユニットを見立てました。

イメージ 3


 機体の下面にはホバーノズルが6箇所も有りますが、元デザインにはノズルが無く、キットにはやたら大きなノズルが付属しています。
 悩んだ末に両者の中間イメージで折衷しようと、WAVEのバーニアを使いました。

イメージ 4

 本体に穴を開けて、突き出したい受け部の直径を拡げて差し込みました。
 縁が厚いですが、概ねイメージしていた感じにまとまりました。

イメージ 5

 両脚の関節カバーは肉厚を削り込んで外板の薄さを目指します。

イメージ 6

 削る前のカバーの肉厚だと何の為に在るのかよく判りません。

イメージ 7

 薄く削ると構造物との隙間が出来て、カバーとしての役割が見えてくる感じがします。
 爪先のヒケを埋めて爪を付けたくなってきました。

イメージ 8

 現在の姿です。
 この状態からエアコン漏水騒動で止まっています。  
 早く進めたい反面、部屋を片付けるのを優先させたくも有り、悩ましい限りです。
関連記事

コメント

コメント(2)
No title
うへぇ、配管不備での水漏れって災難でしたね。
その場合って工事業者にある程度の補償して貰えるんですか?

とりあえず積み在庫は無事なようで何よりです。

アイラ

2019/07/12 URL 編集返信

No title
> アイラさん
今回は自分が最後まで立ち会いしていたのに、全く情けない限りでw
普段なら真下に在庫と本棚が有りますが、重いので直ぐに戻さなかったのが幸いしました。
補償は現在交渉中ですが、せめてじゅうたんとモデグラはお願いしたいトコロ~。

仮名の世界忍者”Roger SSK”

2019/07/13 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 1960年代から90年頃までの模型シーン再現を主軸にした模型全般の製作記録です。
 それ以外でもミリタリーミニチュア、フィギュア、オリジナルSFなどを守備範囲としています。
 同好の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

カテゴリ