魚雷艇PTー9を組む その2

昨日は船体をさっそく洗浄して組み立てを行いました。
部品が大味で歪み放題なのを整形するのに時間を費やします。

20191105203517c18.jpg

押し出しピンの跡をヒートペンで埋めてヤスリがけをします。
同じ事を魚雷投下管にも行い、派手なヒケや段差も修正しました。

20191105204042f43.jpg

一番酷かったのは前後の機銃でして、成形面の左右で大きくズレているのには閉口しました。
しかしとにかく見掛けだけでも形を整えて接着してみると、案外と趣きを湛えた外見となりました。

20191105204643761.jpg

しかし甲板と船体をしっかり接着して、一息着いた時に妙な事に気付きました。
マストが二組有るのに差し込む穴が3箇所なのです。

201911052052488f6.jpg

何か組立図に誤りが有ると思い、考えているうちにハタと気付きました。
綺麗に飛び出している突起はモールドでは無く、本来は開口部で有ると!

20191105205506143.jpg


仕方無いので残りの部品を整形しましょうw

関連記事

コメント

コメント(2)
昔プラモアルアルw
「モールドと見間違えるレベルのバリ」ってヤツなんですかねw
とは言え全体的はスッキリした船体で、(いろんな意味で)遊べそうですね〜

へてかるぴ

2019/11/06 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
コレですよ、コレ!
この画面の黒いの!
じゃなくて、キャビンの上に飛び出た突起。
これ本来は穴の筈ですよ。じゃなきゃ差し込めないもの!

ロジャー・サスケ

2019/11/06 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 1960年代から90年頃までの模型シーン再現を主軸にした模型全般の製作記録です。
 それ以外でもミリタリーミニチュア、フィギュア、オリジナルSFなどを守備範囲としています。
 同好の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

カテゴリ