潜水艦ハリバットを組む その2

艦橋の仕上げに入ります。
まずは現況をご覧下さい。
20191115041609a73.jpg
継ぎ目を消すのは当然ですが、マスト2本の付け根に隙間が開いていて強度不足です。
これをヒートペンで肉盛りします。
201911150418260c2.jpg
熱を伝え過ぎないように手早く、かつ盛り過ぎないように溶けたランナーのプラを隙間に擦り込みます。
後はマストを折らないように各種のヤスリで整形します。
201911150422426b4.jpg
整形出来たら、Mr.セメントSを流して確実な接合を期します。
20191115042635e7b.jpg
船体に艦橋を接着し、下から浮沈用の昇降舵をレーダーの軸に差し込みました。
艦尾の水平舵は、やや上向きにする指示が有るので、まだ接着しません。
2019111504313238d.jpg
下の船体にもゴム動力用のフックとスクリュー基部を強固に接着します。
スクリュー軸は錆びを落とせば使えるかも知れないので、後で確認をします。
20191115043412ed1.jpg
整形前のスクリューです。
成形線が歪なのはヒートペンで均すのが近道です。
201911150435410f5.jpg
ヒートペンで均して800番のヤスリスティックで磨いた結果です。
下手にヤスリを使うより素早く綺麗に仕上がります。
次はいよいよ最終組み立てを目指します。
関連記事

コメント

コメント(5)
これってタミヤなんですね。
成形色が特徴的ですね。
今は精度第一!!的なメーカーですが、昔はモーターライズなども作っていたんですよね。
この雰囲気は、逆に面白いです。

イリコ・キューピー

2019/11/15 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
いらっしゃいませ〜!
いつもブログを拝見してます!
昔々の幼稚園くらいの頃に作ったキットを譲って頂いたので、勢い込んで製作中ですw
下半分の透明感が幼心にヒットした覚えが有るので、亀裂修復だけして当時の雰囲気で完成して楽しむ積もりです。

ロジャー・サスケ

2019/11/16 URL 編集返信

ヒートペン使い上手ですね〜(^^)
こんな細い部分、一瞬の油断で融け曲がりそうですが…
ワタシだったら怖くて、同じ事するのに伸ばしランナーと流し込みセメントでやっちゃうと思いますw

完成楽しみにしてます〜♪

へてかるぴ

2019/11/17 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
温度と拾い方ですね。
溶かしたら諦めてドリルで差し込めば良いかぁ、の気持ちが有るのでw
練習のつもりで作業してます。

ロジャー・サスケ

2019/11/17 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
いかん、途中で送っちゃったw
続きですw
温度調整が出来るので、少しだけ気持ちが切っ先ですくい上げたプラを、
溶ける程度の低温で保持してスッと塗り込めるんですよ。
でも隙間が有る事が多いので流し込みで確実に融着させてます。

ロジャー・サスケ

2019/11/17 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 1960年代から90年頃までの模型シーン再現を主軸にした模型全般の製作記録です。
 それ以外でもミリタリーミニチュア、フィギュア、オリジナルSFなどを守備範囲としています。
 同好の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

カテゴリ