マイティジェット3号を組む その3

細かい部品の成形線を整える作業を行います。
キャビンの両脇に装備される銃身は、モデラーズフェスティバル2019で購入したイイバブレードにて曲面整形をしました。20191130101016560.jpg
プラ素材が割と硬めだったので、こうした道具は重宝しました。
もちろん全て事足りる訳では無く、普通のデザインナイフも併用して、最後はMr.セメントSを荒れた細部に流して整えます。
20191130103953a9e.jpg
やはり円断面が得られた形状は良いですね。
綺麗に整えると、それだけでも見栄えがします。
20191130104436dae.jpg
本体の内部です。
機首の先端に有る縦の軸にゴム輪を引っ掛けてスクリュー軸まで伸ばします。
この造りでは分解しないとゴム輪が切れた時に交換が不可能です。
20191130105126da1.jpg
仮組みしてみた外観です。
後ろの小さな安定翼が見た目にもスピード感を演出して格好良いです。
蛍光色のような黄色い成型色がカラフルなので、これはそのままに。
キャビンの嵌め込みが割と固いので、この下にゴム輪の取り付け軸を移設しようと思います。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 1960年代から90年頃までの模型シーン再現を主軸にした模型全般の製作記録です。
 それ以外でもミリタリーミニチュア、フィギュア、オリジナルSFなどを守備範囲としています。
 同好の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

カテゴリ