マイティジェット3号を組む その4

船内のゴム輪を引っ掛ける軸を上下とも切断しました。
その軸と僅かなランナーの残りを使ってフックを製作します。
20191203021932939.jpg
巻き上げたゴム輪のテンションに耐えるため、切り出した上下の軸を直角が出ていた断面合わせで接着します。
更にランナーと接着して前後方向で厚みを増しました。
201912030225197d5.jpg
接着したランナー同士の間に、不要部分を削って溶かしたプラスチックを肉付けしていきます。
おおよその形が出来たら念の為にMr.セメントSを塗って、溶着していない部分を無くします。
20191203023628bc3.jpg
1枚の板になったら前後幅を3/4に整形してフックが出来ました。
重りを取り付ける嵌め込み部を背にして、しっかりフックを接着します。
20191203024700909.jpg
これだけでは強度に不安が残るので、薄い船体を熱で溶かさないよう、慎重に接合部へ肉盛りをします。
素材のプラスチックは残り僅かですが、何とか三方向から肉付けが出来ました。
ここにもMr.セメントSを塗って、溶着していない部分を確実に無くします。
201912030256060b0.jpg
新設フックの完成です。
作業中に突然ヒートペンの留めネジが抜けて船内に落ちる事故が起きました。
幸いな事に軸を切断した場所に落ちたので、熱いネジが船体に穴を開ける事態は防げました。
20191203030224aa6.jpg
上の船体と合わせてみた状況です。
予定通りキャビンの真下にフックが来ています。
もしゴム輪が切れても、キャビン下の開口部から新しいゴム輪を掛け直せるようになりました。
いよいよ次回は巻き上げテストと船体の接着になります。
関連記事

コメント

コメント(2)
上手いですねぇ♪
ナルホド~、「手が届く場所」にフックを移動させちゃったんですね
ワタシも勝手に「自分なら…」というプランを考えてましたが、もう少しばかり加工が大掛かりになっちゃう方法で、
「オリジナルの尊重って意味で、コリャ違うよなぁ」と思ってましたけど、
これなら最小限の変更で後々まで快適ですね♪

へてかるぴ

2019/12/04 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
何とか形に成りました。
結構悩んでいたのですが、寝ている時に解決法が夢の中で浮かんだんですよ〜w
黄色のランナーが画像の分しか無くて、ちょっと無理かなと思いましたが、元のフック位置の突き出しを加えて間に合いました。
キャビンには空気が密閉されているので、これが取れると大変な事にw
場合によっては返しを付けてみようかと。

ロジャー・サスケ

2019/12/05 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 1960年代から90年頃までの模型シーン再現を主軸にした模型全般の製作記録です。
 それ以外でもミリタリーミニチュア、フィギュア、オリジナルSFなどを守備範囲としています。
 同好の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

カテゴリ