マジンボーンを組んでみる。

毎日がコロナウイルス関連と外出自粛の話題ばかりですが、元来引きこもり系の自分には問題無く、日々の暮らしぶりに変わり有りません。
しかし、にも関わらずブログまで引きこもりなのはどうなのか?
そんな訳で組み立てのみですが紹介記事を書いてみました。
2020032909520874b.jpg
今回は中古店で入手した「マジンボーン」シリーズの第2弾、シャークボーンです。
表記無しのノンスケールキットですが、おおよそ1/12程度でしょうか。
ぶっちゃけ安値(1ガンダム円w)なので、中のフレーム欲しさに購入しました。
20200329095249c5c.jpg
話に聞いていたランナーロックシステムを採用した可動フレームです。
部分毎に折り取って、重ねて組み立てを容易にしています。
これまで一度も組んだ事が無かったので興味が有りました。
202003290957181c1.jpg
股と胸の可動じくを挟んでからランナーごと重ね合わせます。
デジタル技術の恩恵で寸分の狂い無くカッチリ合います。
子供の指でもぎ取れる作りですが、断面の傷みを考えてニッパーで切り取りました。
202003291002097e6.jpg
余談ですが、ポリキャップは20年近く前の7型を使用。
コストダウンしながら効果的な使い方をしています。
20200329100440190.jpg
組み立てた内部フレームです。
ほぼ黒いので、モールドを見やすくするために写真を増感しています。
S字を描く胴体と上下可能な肩関節に感心します。
説明書を見ると2014年の表記が。え、そんな前なのコレ?
20200329100955d22.jpg
外装を順に取り付けます。
へそ位置に特徴的な6角形の彫刻が有りますが、これが無ければ普通に聖闘士キャラクターにも流用可能な作りでは?
どうやら5種類で打ち止めのシリーズだったようなので、割と勿体無い気がしますね。
子供向け商品としても、ちょっと正価格では辛い印象です。
2020032910161848b.jpg
出来上がると、正直かなり格好良いデザインと佇まいです。
自分的に好みの面構成と色使いをして「唆るぜコレは!」な感じ。
202003291021060a1.jpg
決めポーズを取らせてみんとす。
おおぉ、細身にヒレ飾りが相まって凄くハッタリの効いた感じ。好き!
2020032910455546e.jpg
足元を補助するクリアパーツを組み合わせて走らせてみる。
重心を上手く取れば、かなり大げさな動きを付けても持ちこたえます。
2020032910294809f.jpg
回し蹴り一閃!
実際には90度程度ですが、画角を選べば割と迫力有る感じに見えますね。
ここでもハッタリの効いたデザインが格好良さを増しています。202003291034440c4.jpg
後ろから。
髪の意匠にポージングの自由度を与えるためジョイント部が丸見えですが、組み上がると意外と気になりません。
色合いの中に沈んで意識しないで済みます。
改造とか考えないなら充分なイメージ再現度かと。
イイな〜、コレは本当に楽しいわ。
骨格が目当てじゃなきゃ、このまま遊び倒して何ら問題が無いw
そう、改造素体として買われてなけりゃね!!


関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
 拍手・感想を頂けると大層嬉しいので、同好の皆様方、どうぞ一押しをお願いいたします。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします