ウォーカーマシンを作る:プロメウス2号機その1

 思いがけない長期連休となりました。
 大型連休明けの初日、普段通りに出勤して昼からの業務に出掛けた途端に見慣れない電話番号から3連続しての着信。
 不穏に思って掛け直すと、同級生の奥様から実母が具合を悪くした所に出くわして自宅に連れ帰ってくれたとの事。
 救急車を呼ぼうか迷っているとの報に、即答で呼び出しを依頼して事務所へ戻り、救急病院へと急行しました。

 結局は食当たりと診断されて当日帰宅となりましたが、そこから本日まで母の住居を徹底して掃除を行い、食事の指導と買い物を行う毎日を過ごしました。
 まだしばらくは目を離せない日々が続きそうです。
20200511000307bbb.jpg
 さて、疲れる合間の息抜きみたいになりましたが、改造製作中のプロメウスタイプと比較するために素組みのプロメウスを始めました。
 何度も試行錯誤していたため、いざ組み始めてみると不思議なくらい早く進みます。
20200511000407ca1.jpg
 難しい事を考えずにヤスリ掛けをするのは疲れた心に程良いリハビリともなりました。
 そして素直に組むと、最初に組んだ時に感じた不満感が意外にも感じない事に気付きました。
2020051100082088d.jpg
 改めて写真を撮っても思うのですが、やはり基本形状に大きな問題は有りません。
 プロメウスタイプは模型化に際して元デザインから大きく改変されていないので、極端な違和感を感じにくいのだと思います。
202005110013129e4.jpg
 しかし、それだけに詰めの甘さが気になるのも事実。
 側面から見ると脚の短さが際立ちますが、これは腰のジョイントが上がり過ぎているのが原因です。
 直してしまいたい箇所ですが、それでは比較にならないので、まずは本体との接着をしないで置きます。
202005110019481d8.jpg
 同じポーズを取らせて比較すると手直しした過程がはっきり見えて来ます。
 最初は腕のコードが気に入らずに肘の位置を変更しましたが、そこを弄る必要は無かったと気付きました。
 細かい不満を全て解消せずとも、重要な1・2点を直すだけで充分な効果は得られる様です。
 今後の教訓にしたいと思います。
関連記事

コメント

コメント(2)
なるほど
比較用の素組み版ですね‼(o´▽`o)ノ
なるほど 確かに比べれば視覚的に改修箇所に説得力がありますからね‼( ≧∀≦)ノ

あとは 改修をオフにすることを目的にして組めば、精度アップに時間をかけられますし ストレスフリーかもしれないですね‼(o´▽`o)ノ
私も1/35ベルゼルガなんかは素組みはないので 組もうかと思えてきました‼( ≧∀≦)ノ

TAKI ちゃん

2020/05/14 URL 編集返信

そうなんです!
これには2つ利点が有って、1つはご指摘の通りです。
もう1つは在庫が早く消える事w
僕は大抵のキットを複数買いするので、改修に時間を掛けた分を素組みで帳尻合わせて消費するようになりました。
どうしても手を掛けてしまいたくなる性分なので、先に改修版を進めてから確認のために素組みをするように1/100旧ザクから始めました。

逆に1つ問題が有って、何故か素組み版が先に仕上がりますww

ロジャー・サスケ

2020/05/15 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします