HGジプシー・アベンジャーを組んでみる その3

 この一週間、こまめに成形しては塗り、組み立てては塗りを繰り返してようやく巨兵が立ち上がりました。
 しかし事は思ったようにはいきません。
20200823224130815.jpg
 関節周辺の金属色はアルコールマーカーの黒色を足すだけで劇的に美しい質感を得られました。
 下地から塗ったとしても、これほどの発色をするだろうかと思わせる色彩です。
 しかし肝心の四肢に隠し難い分割線が出てしまいます。
 前回に解決の糸口を掴んだと思ったのが振り出しに戻ってしまいました。
20200823224615cdd.jpg
 頭部と同様に溶剤系接着剤を流して丸一日を経てから瞬間接着剤で上塗りして削り出しました。
 しかし接合線は消えずに細く白い線が見えてしまっています。
 左の太ももは特に目立ちました。
 右の太ももは比較的見えにくいですが、やはりマーカーで隠しても気になってしまいます。
202008232250106db.jpg
 右腕を処理する頃には腹が立ってきて、接着せずに段差をヤスリ掛けしたら不思議と見えにくい程に一体化しました。
 溶着の有無が原因かとも思いましたが、左腕ではやはり見えてしまいます。
 何が原因で見えたり見えなかったりするのかが絞り込めません。
20200823225517627.jpg
 スネは比較的まともな具合に収まりましたが、近くに寄れば見えてしまいます。
 気にするかどうかは人それぞれですが、時間を掛けた割には報われない結果は不満が募ります。
 10年ほど前のガンプラの水準なら充分に許容出来ると思っていましたが考え違いでした。
20200823230049747.jpg
 マーカー塗りだけでも相当に格好良く仕上がりつつあると思いますが、まだ何か今一つ足りない気がします。
 武器類を持たせてシールを貼り込んだ上でチッピングまで試そうと思います。
 パッケージ画に描かれたツヤ感と金属感を盛り込めたら最高の成果になるのですが。
関連記事

コメント

コメント(10)
気にしないのが良いと思う
このプラモは近年のガンプラと違って下半身デブじゃない所が良いですね。
MGやHGUCのガンプラは建築物に見えます。
ロボットってのは自分でバランスをとる物ですから、倒れそうなくらいが実感的だと思います。
それから、やっぱり未塗装プラには透明感がありますから完璧な合わせ目消しは難しいのでしょう。
ここまで出来ていれば十分な気がします。

TW200

2020/08/23 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
なんとかしたいです
思った以上にシュッとした体型で、組み上げたらちょっと驚きました。
確かにガンプラは下半身がボテッとし過ぎで足下に根っこが生えている気分ですね。
新しいキットでもスマートなデザイン以外はおもちゃ的な安定感が残っていますし。
合わせ目が消えないのは瞬間接着剤とプラの間で何らかの層が出来ているのではと考えています。
しかし食いついている筈なので、何故見える状況なのかが分かっていません。

ロジャー・サスケ

2020/08/24 URL 編集返信

決して「お手軽モデリング」では無いんですね
例えば、パーツを加熱した時に均一に温めても不均等に縮んじゃったりしますし、メタリック成形色にマーブル模様が有ったりと、見た目ではわからないプラ素材そのものの内部的なバラツキがあるのは宿命なんでしょうね〜

何セットも買って「良いパーツ」だけで組み上げるなんてお大尽モデリングもチョットなぁですし、
変色したところを塗装で誤魔化すしかないんですかね?
点々とチッピング入れてダメージ表現のガイドにしちゃうとかw

へてかるぴ

2020/08/24 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
お手軽では無いですねぇw
金属色の部分では成型時のマーブル模様が有りますし、ランナーの切断箇所は明らかに違いが見えます。
そちらは黒色マーカーの上塗りで隠せるのですが、青部品は成功頻度が低いのを何とか見栄え良くしたいんです。
僕は有り物で何とか結果を出すのが好きなので(貧乏性w)、お大尽の真逆で「オオゥ」と言わせるのが野望ですw

ロジャー・サスケ

2020/08/24 URL 編集返信

コダワリですね
なるほど~(^ω^U)

悩みどころですね‼( ≧∀≦)ノ  うまくいく場合とそうでない場合があるということは、その差がある要因は?  となりますが 同じように進めた筈なのに何故? というのは模型あるあるかと思いますので、こだわればこだわるほどに悩みますよね(^ω^U)

スコープドッグなら 消えないラインは両サイドにリベットでごまかしますが、なんとか折り合いつくことを願っておりますm(_ _)m

TAKI ちゃん

2020/08/25 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
何故お手軽にならないのか?
いやもう本当にさっさと終わらせて次を組みたいんですがw
同じ事をして同じ結果にならないのは苛立ちますよねぇ。
ここからはお手軽(?)塗装で何とか解決に持ち込みたいと思います。

ロジャー・サスケ

2020/08/25 URL 編集返信

パシフィックリム?
格好良いプロポーションしたメカですね。
実は、まだこの映画は観た事がないので、
このメカがどんな活躍してどんな性能があるのか?分かりませんが、昔大好きだったガイバーに良く似たデザインに感じます。
ガイバー好きだったんですよ~🎵

たしか日本の俳優も出でましたよね?

池やん

2020/08/26 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
次作のアップ ライジングです。
SF特撮界隈の最高傑作との呼び名も高いパシフィック・リムの続編主役メカです。
…………確かに格好良いです。格好良いんですが、ですがぁぁぁぁ…………。
監督が代わると言うのがこれほど切ないとは…………(T ^ T)
どうか無印だけをご覧下さいませ〜。

ロジャー・サスケ

2020/08/26 URL 編集返信

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2020/08/27 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
Re: テンプレートのご利用に伴う設定変更について
初めまして、仮名の世界忍者 ロジャー・サスケと申します。
この度はブログの設定をご案内下さいまして有難うございました。
以前からサムネイルが表示されないのを不思議に思っていましたが、設定不備とは気付いていませんでした。
おかげさまで無事に表示されるようになりました。
また、とても美しいテンプレートをご提供下さいました事を改めて御礼申し上げます。
自分好みのデザインが他に見つからず、これが無くては無味乾燥なテンプレートを使うしかない所でした。
ブログを読む度に、闇夜の月が自分を照らしているように感じて毎度ながら嬉しく思います。
本当にお世話になっております。
今後も素晴らしいデザインが成される事を願って止みません。

仮名の世界忍者"Roger SSK"

2020/08/28 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします