HGジプシー・アベンジャーの完成 2020 Aug 27

 製作開始から2週間足らずで、最新の技術で構成されたキットを何とか完成出来ました。
 それではご覧下さい、『ジィプシィィィー、ア、ベンジャャャァァアアーーー‼︎』
  (ボクシング選手の入場風に)
20200831143906979.jpg
 今回の製作で何が1番の難関だったかと言えば、実は今まで記事にしていた話では無く、最後に全高14cmのフィギュアに貼り込まねばならないテトロンシールでした。
202008311420435dc.jpg
 鬼の刺青が如くに全身へあしらわれた数多の細いライン!!!
 いざ始めたら想像以上の神経戦となりました。
20200831142402b8a.jpg
 部品毎に見れば決して多く無いものの、とにかく線が細い!
 更にテトロンシールを本気で仕上げに使うのが初めてとあって、勝手が判らず難渋しました。
2020083114273051c.jpg
 そのままではラインと同じくらいに余白の幅が有り、細かな彫刻の隣り合わせでは貼る事自体が不可能でした。
 定規とデザインナイフで完全に切り落とさないと完成写真の見本通りには貼れません。
20200831143110478.jpg
 また弱った事にキットの説明書には貼る位置と番号が概要で示して有るものの、正確な配置が読み取り辛くて最後まで悩みました。
 結局は映画のポスターイラストと箱絵を参考に読み取って配置しました。
20200831144749031.jpg
 ふくらはぎの目を惹く位置に細くて長い赤のラインを貼るのは老眼の始まった身には軽い拷問でした。
 一度では決まらず、2回3回と貼り直した時は食い付きを心配しましたが、懸念を払うような粘着力と伸びの良さでした。
 現代の技術の進歩には本当に驚かされます。
20200831145130b34.jpg
 電飾ユニットは背中を覆う青い走行を剥がした中に配置します。
 隙間に爪を掛けて外すのを作業途中で忘れかけ、危うく接着しそうでした。
20200831145411809.jpg
 脇の下に有るダボの嵌め合わせがきついので、少し短く切って調整しています。
 そのまま組むと外せなくなるほど固いのは、流石にメーカーの配慮を求めたい所です。
202008311457167ea.jpg
 中央が「機動戦士ガンダム00」のキットから採用された電飾ユニットです。
 厚みの有る円盤状で、内装したボタン電池2個でLEDが発光します。
 それでは発光させてみましょう。『フンッ!!』
202008311508561d7.jpg
 何と素晴らしい!!まるで生命感すら宿った佇まいです。
 今回はDXセットなので同梱されているユニットを使用しました。
 メーカーからは緑・赤・ピンク・黄が別売りされていますが、赤と黄はスポット生産らしくて少々入手し難いです。
20200831170824abb.jpg
 製作に使用したヤスリ類の一覧です。
 基本的にスナップフイットを活かした組み立てですが、印象を損なう箇所は接着しています。
 残念ながら継ぎ目を完全に消す技を習得するには至りませんでしたが、今後も工夫する価値の有る技法と感じました。
20200831170837944.jpg
 製作に使用した全てのマーカーと塗料です。
 水性の焼鉄色とタミヤエナメルマーカーはスポンジチッピングで試しましたが、上手く成功したとは言えず今後も修練が必要です。
 ですが課題としたアルコールマーカーでの墨入れとぼかし塗りは思い通りの仕上がりに落ち着きました。

 途中で目論見通りに完成するか判らなくなって投げ出したくなりましたが、何とか上記の道具だけで最後まで短時間で仕上げるとの目標を完遂出来ました。
 大量の在庫相手に2週間/1個では先が思いやられますが、今後も工夫して完成速度を上げたくなるような挑戦の成果が得られたのは幸いです。

 それでは電飾&装備展開で見え切り全開の「その2」をご期待頂けましたら拍手をどうぞ!!(切実)
関連記事

コメント

コメント(8)
あれ(^ω^U)
確かに朝方 コメントしていたはずでしたが どこ行ったんでしょう?
拍手ポチったあと コメント欄があったので書きこんだのですが あれ どこに書き込んじゃったんでしょうか(^ω^U)

何処かにあるかもしれないので、違う内容で(#^.^#)

映画は見ていないので感慨とか沸き上がって来ないのが惜しいですが 腰辺りはエヴァにも似たロボット  これが新規キットでしかもLEDユニットということで 電飾から無縁の日々を送っていた身としても面白い企画ですね‼( ≧∀≦)ノ

TAKI ちゃん

2020/09/01 URL 編集返信

完全オメです♪
精神修行ご苦労様ですw
作られたご本人だからこそ「見えてしまう」アラも有るのかもしれませんが、少なくともこうして見せて貰うワタシには単純に綺麗な作品にしか見えません♪

テトロンシールって、(特に広いヤツは)水貼りしないとピタっと良い位置に持っていけないのでチョット苦手です…

ワタシも一個買ってアイアンマンカラーにでもしてみようかなぁw

へてかるぴ

2020/09/01 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
Re:あれ(^ω^U)
今日は休日勤務の代休なので朝からチェックしてましたが〜〜〜!?
ああ、せっかくのコメントがネットの海に消えてしまったァーーー!!(ガクリ)

これ、気付いてしまうと体型はウルトラマン・ロボなんですよねー。
正統進化系の特撮映画と言えると思いますw
小さいのに写真に撮ると大きさが倍近くに見えるのは元の出来の良さならでは。
他の電飾キットにも手を出したくなってきましたよ〜。

ロジャー・サスケ

2020/09/01 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
完成オメです♪➡︎ありがとーございます!
確かに今も粗は見えるのですが、それ以上に仕上がった嬉しさで「アバタもエクボ」状態で見惚れている始末ですww
いやぁ、苦労した分だけ愛情も深まるのは本当ですね♡


テトロンシールですが水貼り技法を知ってはいましたが今回は試しませんでした。
仰る通り、かなり位置決めに苦労しましたが、やってやれない事は無いのが分かったのは収穫です。
これなら1/72ミレニアムファルコンも店頭販売版で良かったかも…………。
ちなみに販売は店頭在庫分だけですが、変な事は考えて買うのは止した方がとお勧めしませんw

ロジャー・サスケ

2020/09/01 URL 編集返信

完成おめでとうございます‼️
観ましたよ。怪獣(笑

この監督、絶対に日本の特撮大好き人間やな・・・もうオタクとも取れる箇所が随所に。

ロケットパンチって・・・(笑

池やん

2020/09/02 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
ありがとー!!
ちゃんと無印を観て頂けました?(w
そりゃあ、この映画を本田猪四郎に捧げるくらいですからねぇ!!
愛の物量が庵野監督以上じゃないかと思いますね。真面目に。
最初からの負け戦を司令官の奮闘で押し切るのが主役以上に刺さりますね!!

ロジャー・サスケ

2020/09/02 URL 編集返信

最後の方だけですが映画をまた見ました
完成おめでとうございます。
LEDユニットから大きさを知って驚きました。
もっと大きい物と思っていました。
私はシールの余白切が大嫌いです。
かなりイラついたのではないでしょうか。

さっきまで映画の最後の方を見ていたのですが中々面白いじゃないですか。
旧作は戦闘シーンが暗くて良く見えなかったのですが、新作は明るくて分かりやすいです。
リーウェンがスクラッパーを遠隔操縦して主役を援護するんですが、ジプシーも遠隔操縦した方が良いように思ったりしました。
あと、勘違いしていたようで製作国は中国じゃ無くてアメリカ映画なんですね。

TW200

2020/09/04 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
無印信者と言えるので
有り難うございます。アップライジングも普通に面白いとは思います。
ただ原典信者なので、そこはまぁ仕方ないですw

バンダイのLEDユニットは量産効果も有るのでしょうが、一般販売を継続している時点で驚異です。
ガンダム00が売れているお陰ですね。
黄色はヤマトのアナライザー用に開発されたので限定品なのですが入手は可能です。

テトロンシールは初体験でしたが、案外と余白も切りやすくて良かったです。
下地が透けるのも、成型色と馴染んで悪くないと感じました。
次回は水をくぐらせて一時的に粘着力を弱める技法を試したいと思います。

さて映画本編ですが、どうもTVシリーズ化する積もりであの終わり方らしいです。
中華圏に売り込む気が満々なので、実質は中国映画でしょうね。

ロジャー・サスケ

2020/09/04 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします