HGジプシー・アベンジャーの完成 その2

もう気付けば一週間が過ぎてしまいました。
それではドーゾ電飾&オプション装備の勇姿をご覧下さい。
『ジィプシィィィー、ア、ベンジャャャァァアアーーー‼︎』(ニンジャスレイヤー的に)
20200903192919ec0.jpg
映画のイメージでもお馴染みの両手突き合わせカットです。
アメリカン・マッチョスタイルな体型は実に似合います。
20200903193228d27.jpg
『グラビティーー、スゥリィィーーンングッッ!!』
異次元から侵略するカイジューを絡め取るオーバーテクノロジー機能が超発動。極めてベンリ。
右肘から丸ごと差し替えて装備します。
20200903194155b75.jpg
『チェィィィーーーン、ソーーードッッ!!』
左拳の装甲が展開し、機甲界が発祥のしなる鉄剣が出現します。
わずかな変形ですが、これも左肘から丸ごと差し替えて装備します。
光の反射でゴーグルの吊り目カッティングがキマる!!カコイイ!!
202009031950115bb.jpg
『三枚に下ろしてワサビジョーユで煮締めて呉れんッッ!!』
ニンジャ・カブキ的世界観で大見得を切るアベンジャー。マサシク復讐者。
劇中でそんな台詞は言いませんが、さも有りなんとするポーズがプレジデント。
ゴーグルは最初から金色で成形されていますが、更にマーカーの黒と金色で上塗りしています。
そのため光が反射するとシビれる程の煌めいて素敵です。
20200903195535225.jpg
『プゥラズゥマァ、キャァァスタアアァァァーーー!!』
大リーグボール1号でも投げそうな迫力。そもそもアメリカ製。
これまた左肘から交換するので、都合2組の左腕が有る。
何というビッグウェスト(太っ腹)!!
右の平手も付いてお得感がマキシマムめいています。
20200903201435d55.jpg
『カイシャクをフォーユー!!』
まるでニンジャめいた動き!!ユカイ!!
立て膝を突いてカイジューを両断する風情が現代的で実にポエット。
バンダイの金型技術が産み出したアート的な存在。
202009032040048db.jpg
『アァァイム、ウィナァァアアーーーー!!』
雄叫びを挙げる姿はイェーガーの体現者。実際カコイイ。
本体色を塗っていないとか本当オカシイ。テルアラーイ?ノゥ!!
これが成型色仕上げなのデス。スパークル!!
202009032051045f1.jpg
喜びの余り、すっかり言葉遣いがニンジャスレイヤーと化しましたが御容赦の程を。
テトロンシールは太ももを最後に貼りましたが、三次曲面に折れ曲がる赤いラインを貼るなどは実際かなり無茶。
よくも破綻なく出来た物だと完了した時には小躍りを禁じ得ない有様。
もう何も怖くないと劇場版ガンダム00ソングを歌い出さんばかりでした。アイエェェェ!!
(完)
関連記事

コメント

コメント(6)
なんだか変な日本観w
デザインも動かし易いモノだったのかもしれませんが、流石ガンプラのバンダイ設計だけに、よく動いてくれますね〜♪

ニンジャスレイヤーって、タイトルしか知らないレベルなんですが、日本カブレの外人さんとかですか?w
とにかく、テンション高まってるのはスゴくよ〜っく解りましたw

へてかるぴ

2020/09/04 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
原作者がアメリカ人なのでw
写真に撮ると股関節周りがちょっとスカスカする感じですが、見た目には割と気にならないかと〜。
あとシリーズは2種類有るんですが、全く同じランナー配列と部品なのに、ジョイントパーツ「1」と「2」と表記違いになっています。
色違いくらいにしか見えないのに、アイエェェ、ナンデナンデ?

今後はしばらく電飾系キットが作りたくなっちゃいそう♪

ロジャー・サスケ

2020/09/04 URL 編集返信

ニンジャスレイヤー
やっぱり可動範囲が大きいと写真を撮るのが面白いですよね。
私は、HGUCの新しいシャアザクを買いましたので(形はヘンテコですが)可動には期待しています。

あんまり覚えていないのですが、ニンジャスレイヤーって、猫目小僧みたいな紙芝居風アニメですよね?

電飾に興味が出てきたならNゲージを始めると良いと思います。
先ずは自分の生活圏にある車両を買うと面白いのではないでしょうか?
ヘッド&テールライトや室内灯など元から電飾が施されている製品も多いですが、大概あまり実感的に光りません。
完成品供給が主である故、鉄道モデラーの大勢は工作レベルが低いですから、上手く加工すれば注目されると思います。(鉄道ジャンルは下手糞がネタミで変なコメントを入れてくる事もありますが無視が良いでしょう)

TW200

2020/09/05 URL 編集返信

凄い!
太マッチョボディーで良く動き 完成度高いですね‼( ≧∀≦)ノ

やはり 塗装は 一つのハードルということで どんどん成形色でも違和感のない方へシフトして行くのでしょうか?(#^.^#)

ガンダムのHG も いつかは光りそうですね‼( ≧∀≦)ノ

TAKI ちゃん

2020/09/05 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
アイエエェェ?ナンデナンデ!?
>TW200サン
近年のバンダイは可動性能を限界まで向上させる方向なので、今回は乗っかりました!
でも個人的にはプロポーションとの両立で留めるのが好みですね。

ニンジャスレイヤーは原作小説大好きっ子なので、アニメの方はほぼ知らないんですよ。

電飾は興味津々ですが、既にトンデモな群雄が先行しているので…………_| ̄|○
鉄道模型は学生時代に爪先ほどかじりましたが、奥深さに逃げ出しましたw

ロジャー・サスケ

2020/09/05 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
ほぼバンダイのお手柄ですw
>TAKIちゃんサン
股関節の軸周りが少〜しスカスカしてますが、概ね良いボディービルディングですね!
塗装は上手くなりたい、もっと楽しみたいと思う反面、ハードルはやはり高いです。
近年の塗料性能に助けられて、より手軽で安全な方向へシフトするのは間違いないでしょうね〜。

ガンプラはユニット内蔵を前提にしたデザインの新作が出ればすぐHGで実現するかと。
若しくはHGの00系に積めるユニットが開発されるかですね。(*´꒳`*)

ロジャー・サスケ

2020/09/05 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします