ウォーカーマシンを作る:小ダッガータイプ その6

 前日の状況です。
 全身錆止め塗装は中々にインパクトが有ります。
202009201300032c5.jpg
 この下地は素材色の統一と今後の効果のためなので、割とムラになるのを気にしません。
 しかし、この次は基本色に影響するので注意深く塗装します。
202009201306195f9.jpg
 午前中に頑張って一通り塗り終わりました。
 一瞬で変哲の無い様子に戻っていますが、これは予定通り。
2020092013091386f.jpg
 モデラーズのスーパーホワイトとベースホワイトを缶から出して割った塗料をエアブラシで吹き付けました。
 紫がかった色調に見えるのは照明のせいでは無くて、実際にそう見えています。
2020092013152101e.jpg
 上塗りした白色が少々黄味がかった色調だったので、相殺されて紫が残る感じになりました。
 これにコーラルブルーを基本色に上塗りして想定した効果を得たいと目論んでいます。
20200920133817626.jpg
 影に回る部分的には赤みを強く残し、光が強く当たる面には白を強く吹いています。
 部品ごとに調子を見ながら塗り重ねて、最後に組み合わせてから調子を整えています。
 写真で一様に見えていたら成功です。
関連記事

コメント

コメント(6)
モデラーズ
もう記憶の彼方だったのですが、モデラーズの塗料は塗膜が弱くて使えなかった。
うっかり欲しい色のミスターカラーが品切れで代わりに買ったら最悪でした。
樹脂分を少なくする事で顔料の比率を大きくして発色を良くしているのかもしれません。
ベースホワイトと混ぜるアイディアは素晴らしいです。
最近はガイアカラーも良品ですが、ミスターカラー以外が使い物にならない時代が長すぎましたね。

TW200

2020/09/24 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
モデラーズ〜〜〜!!
缶から出して調色したのが15年以上も前だったので、もうすっかり忘れていました。
思えばFIRE BALLを塗った時も手こずっていた印象が有ります。
3年前からガイアカラーを多用する様になり、アニメーション由来のキットは特に色調の確かさに重宝していますが、今回は方向性が違うので使わなかったのが裏目に出ました。
一昨日からはようやく細部を少し筆塗りしています。

ロジャー・サスケ

2020/09/25 URL 編集返信

手順にリアル感w
「サビ止め色に一旦サフ乗せたんだ〜」と思ったら、わざわざ「そういう色」を作って被せたんですね
たしかにサフじゃブ厚過ぎるか…

なんだか本物のボディ塗装みたいですね♪

へてかるぴ

2020/09/25 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
そのつもりでしたが。
ここぞと言うポイントで外してしまいました〜〜!( ᐛ )
もうベタ塗りなので、何のために仕込んだのかと……………。
笑うしか無いですね〜〜〜(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ〜〜。

ロジャー・サスケ

2020/09/25 URL 編集返信

良いですね‼
これ  小さい方のキットですよね‼

追加工作が効いてて 情報量が心地いいですね‼( ≧∀≦)ノ

ここからの塗装も楽しみにしております(*’ー’*)ノ

TAKI ちゃん

2020/09/28 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
ここぞと
頑張って工作しました。当初に思い描いた通りにまとまって満足です。
塗装はいささか大変な事になってしまいました。

ロジャー・サスケ

2020/09/29 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします