ウォーカーマシンを作る:小ダッガータイプ その7

 塗装3日目にしてトラブルが発生しました。
 赤下地を半ば隠す様に白下地を吹いて1日置き、基本色のコーラルブルーを吹いたらベタつき出しました。
202009240635492ad.jpg
 最初はリターダーを混入したので乾きが遅いのだろうと思い、ドライヤーで炙りながら全部品を塗り終えましたが、辛うじて被触出来ても指に吸い付きます。
 更に入れ替えた筈の白が基本色に混ざって吹き出しました。
20200924063950f7f.jpg
 どうやらニードルから逆流してエアブラシの本体内に浸入した白が、基本色が少なくなったカップ内に逆戻りした様子でした。
 唐突に白くなったキットを戻すため、また基本色を吹き重ねた為に、ベタつきは酷くなる一方でした。
20200924064607b56.jpg
 赤味を残す方針もベタ塗りのために効果がほぼ消えてしまいました。
 それでも何とか塗り終えて、日向で強制乾燥してベタつきが収まるのを待ちました。
20200924064826ea9.jpg
 丸一日を過ぎて、ようやく触れる表面になったので組み立ててみました。
 ベタつきの原因はモデラーズのスプレー缶から取り出した白色が原因と思います。
 元々が車用の塗料なので吹きっ放しの自然乾燥でテカリの強い表面を作る塗料でした。
202009240652292ff.jpg
 元からリターダー成分が強かったのでしょう。
 昔の事なので忘れ去っていたのが、ここ一番で悪影響を及ぼしました。
 ここからリカバリーしながら細部塗装を始めます。
関連記事

コメント

コメント(2)
タミヤカラーもダメ
これもまた記憶の彼方だったんですが、タミヤスプレーカラーも使えないですよね。
特に光沢色がやばかった。
ベタベタした感じが長く続き、一週間経ってもスミイレのはみ出しをエナメルシンナーで拭くと表面にウエスの跡が残る感じだったと思います。
最近は瓶入りのタミヤラッカー塗料があるみたいですが、缶スプレーのイメージから買う気になりません。
上手くいくか分かりませんが、とりあえずクレオスかガイアカラーのクリアーでトップコートしてみたらいかがでしょうか?
そのままじゃヤバいので、瓶に採ってエアブラシで吹く事が必須ですが、ソフト99のクリアーを使うのも良いと思います。

TW200

2020/09/25 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
朝から最悪の雰囲気が。
今は土曜日の朝です。
タミヤスプレーコーラルブルーしか使っていないのですが、今までの所は大丈夫みたいです。
ただ、墨入れは慎重にしようと警戒しています。
ラジエターなどいくつかの箇所を筆塗りする予定で、それが済んだらクリアー掛けで保護しようかと。
このままでは時間切れの雰囲気ですが粘ってみますね。

ロジャー・サスケ

2020/09/26 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします