小さな74式戦車を塗る その2

 そろそろ終わりが見えて来ましたので勢い良く進めます。
A0B4261A-23F8-4A58-824D-9E32C6BBA9D0.jpeg
 車体色が被った履帯を筆塗りで元に戻します。
 この後に転輪のゴムを塗るので、あまり境界は気にしません。
34F32786-1F1B-460F-8D4D-24957F6D72E8.jpeg
 後の作業がし難くなりますが、車体の上下を接着しました。
 ほぼベタ塗りなので抑揚が無くなっています。
0DF926B6-9296-46B3-8267-14B98BB427B6.jpeg
 前面の隙間を瞬間接着剤で埋めつつ、シャープペンシルで溶接痕を表現しました。
 例によっての芯先充填手法で行っています。
78EC9DCC-C7A0-4F71-95D4-9483D59D317B.jpeg
 再塗装後の装甲断面状態です。
 思った以上に装甲板の荒れ具合を上手く表現出来ました。
885335B8-B647-4EB5-AA90-8345DBE1E630.jpeg
 基本色を乗せ終わりました。
 ここから細部塗装と汚し塗装を入れて行きます。
 戦車模型で一番楽しい所ですね。
D9F356ED-6DED-487F-8B3C-525654810828.jpeg
 基本塗装で使った道具一覧です。
 米軍のグリーンはよく見たら空軍のベトナム迷彩色でした。
 通りで青みが抜けて明るい筈です。
 選択を間違えた気がしますが、今後の調整で上手く収めたいと思います。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします