小さな74式戦車を塗る その4

 いよいよ終盤戦、ここからは細部の締めに入ります。
 先ずは車外装備品を塗り進めました。
45E3E897-1560-4249-9814-9FCE23A7860F.jpeg
 車体の右上面に走る牽引ロープをタカラメタルカラーのアイアンを乗せて磨きました。
 既に絶版色ですが、Mr.メタルカラーが同等品で存在します。
 機銃の空薬莢受けと装備品箱はタミヤエナメルで塗りました。
C6C36413-39D5-4036-9CDE-08DCD440B8A2.jpeg
 現在の74式戦車改ですと、車外装備品も車体色と同じに塗られて浮き上がらない配慮がされていますが、模型では面白くありません。
 それに本作は『東宝自衛隊』を狙っていますので、遠慮無く配備当初の時代に則した色遣いとします。79113DA3-1483-47BD-ACC7-A65B8940F573.jpeg
 左側面の拡大です。
 追加したU字フックが砲塔に迫力を増して、非常な存在感を効かせています。
 装備品は1/50鍾馗の操縦士と同じ3色を使い、混色して色彩に変化を付けています。EF3288BB-B221-45F7-A55F-E867367C66E6.jpeg
 この直後にデカールを貼れば良かったのですが、更に車体をエナメル塗料で汚したかったので、早々にラッカー系のクリアーをエアブラシして表層を固定しました。
 二度手間となった上に梨地が強くなってしまったので、ナイフで軽くカンナ掛けをして均した上からデカールを貼り込む予定です。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします