1/20 ニーゼを組む その2

 ちょっと間が空きましたが、久々のニーゼ続報です。
 実は既に組み上げ完了に近い状態が続いています。
50188D74-8453-4CEF-88B6-359030CFC5AF.jpeg
 ニーゼは新旧シリーズ通して初の商品化なので、購入後すぐに組み立てていました。
 新年早々に着手すると、あっという間に形になってしまいました。
 ボリューム感が程良く、後継機となるメルジーネと共通した装甲服らしさが感じられて好ましいです。
5161A294-A397-44E9-A8A3-075599F46871.jpeg
 僅かに気になる問題点は、搭乗者が妙に大きくてスケールが合っていない事でしたが、これはアンモナイツの搭乗者と首をすげ替える事で解消の目処が立ちました。
 後はハッチ上部のバルジ部が原作と違う形状なので、元通りにすれば完璧に近くなるでしょう。
B103C2A1-B9D9-49D4-AEEE-8EAE266797E0.jpeg
 そんな感じだったので、74式戦車が佳境に入ってからも何時でも再開出来る手筈でした。
 しかし気付けば2月も半ばとなり、これ以上放置して置くのは心理的にもマズいと感じられたので、今日は思い付いた下拵えを行いました。
 74式戦車の最終段階で、あわや廃車寸前の問題を引き起こした『水性プレミアムトップコートつや消し』を、シボ加工のためにスプレー噴霧しました。
 ガサガサの玉粒になるなら、むしろなってしまえば良い状況で使おうとの考えです。
210853DA-7142-43BA-90A1-A6B3BB5CB3C0.jpeg
 結果は狙い通り滑らかな表面がザラザラの砂地に早変わりです。
 ガンプラでは手軽に完全つや消しになるのが良いと、やけに業界総推しでアピールされていましたが、実際にはスケール感を塗り潰す使い物にならない商品と判断します。

 しかし欠点をどう扱うかは受け手次第でも有りましょう。
 購入したからには代金以上の見返りを引き出したいのが心情なので、これを奇貨として役立てようと思います。
関連記事

コメント

コメント(2)
水性プレミアムつや消しスプレー
新しいアイテムは知らないので勉強になります。
でも、あまり冒険はしない方が良いような気もします。
「水性プレミアムつや消しスプレー」はビンに採ってエアブラシで吹いたらどうでしょうか?

TW200

2021/02/14 URL 編集返信

仮名の世界忍者"Roger SSK"
最近の事ですが
スプレーの中身が瓶入りで新発売されました。
やはり使い勝手の問題か、エアブラシで使いたい要望が多かった様子です。
お手軽さを期待して購入したのが使えないのは失望でしたし、エアブラシ前提ならラッカー系で良品が有りますので、真逆の使用を考えてみましたw
今のところでは思った通り上手く行きそうですよ。( ^ω^ )

ロジャー・サスケ

2021/02/15 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
 拍手・感想を頂けると大層嬉しいので、同好の皆様方、どうぞ一押しをお願いいたします。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします