旧キットでマゼラアタックも作ってみた。

 何がきっかけで未完成品が仕上がるのか本当に分かりません。
 機会とはその準備が出来ている者に訪れると聞く通りですね。

 5年以上は前に比較の為だけに適当に組んだマゼラアタックの旧キットが、この期に及んで完成しました。
F248BE64-0681-4827-986F-1523DFD815D8.jpeg
 確か足首が固定された旧キットのザクと合わせるために箱から出した記憶が有ります。
 理由はマゼラトップ砲が使い物になるのか、その大きさと比率が知りたかったからです。
9272016C-1086-4B84-9512-2CF3FD45AB7B.jpeg
 もちろんザクタンクのマゼラベースと比較したい気持ちも有りました。
 だから全部品を切り出して後先も考えずに接着してしまいました。
 後にガンプラ自体が入手困難になるとは思いもせず…………。
B1779CF9-9EEE-45BE-8739-4E78392E1EA8.jpeg
 EXマゼラアタックの横に並べて比較している内に、急に色塗りしたい衝動に駆られました。
 本当ならキチンと地色から塗るべきですが、簡便にマーカー仕上げといたしましたのをご勘弁下さい。
2B55F13B-E8F0-4D92-AC86-B2D99E350812.jpeg
 旧マゼラトップは零戦のプラモデルみたいにパネルラインとリベットが執拗に穿たれています。
 元デザインには無いアレンジは、空飛ぶ砲塔を少しでも飛行機らしく見せる為に工夫したのでしょう。
19A83580-6569-4E48-8F3B-16BF90B7FFD8.jpeg
 逆に旧マゼラベースには溶接痕が確認出来ます。
 少しでも戦車らしい表現で奇抜さを和らげたかったのでしょうか。
 マゼラトップとの接続塔には、小さな連絡用ハッチも用意されていました。
032B1A48-A44C-4050-8B11-A59B68AE6D90.jpeg
 キャノピー周囲の筋彫りはキットを尊重してオリジナルのままです。
 設定では大戦機のようなフレーム処理なので、本当は間違いなのですが。

 塗装は成形色が濃いのでガンダムマーカーの黒色を塗り拭きして、ライトのみエナメル白色を下地にコピックのオレンジを上塗りしています。
 金属色は水性ホビーカラーの焼鉄色にマーカーで墨入れ。
 キャノピーはマーカーの黒色そのままです。
 デカールは過去作の余りから選んでEXマゼラアタックと意匠を合わせました。

 それでは次回、新旧ならべての比較を行います。お楽しみに。
関連記事

コメント

コメント(4)
成形色
キャノピー周辺は白は省略しない方が良かった気がするのですが、やっぱり格好悪いですかね?
それにしても、成形色を生かすのが上手いと思います。
自分の場合は成形色を生かす場合でも、必ず接着剤がはみ出てしまいますし、ヤスリで傷だらけにしてしまうので、トップコートは必須となってしまいます。

TW200

2021/07/10 URL 編集返信

おめでとうございます。
EXマゼラアタックともども完成、おめでとうございます(^O^)
マーカー仕上げとのことですが、いい具合に表面に変化が出て、全塗装してからウェザリングをしたかのように見えますね。

2体が並ぶのを楽しみにしています。

てけ

2021/07/10 URL 編集返信

気になっていたので。
>TW200サン
 白色なんて有ったかなと設定画を検索しましたが、確かに少し色が違いますね。
しかしそれよりも風防枠の表現が気になっていたので、先ほど彫り直しましたw
大戦機の表現に倣うなら必須ですものね。

ロジャー・サスケ

2021/07/10 URL 編集返信

そんな訳で。
>てけサン
 2両並べて撮影してあったのを撮り直しする必要が出来ましたw
いやぁ、マゼラトップ砲ネタも仕込んでいたのですが〜。╰(*´︶`*)╯
翼のデカールが剥がれてしまって、替えをどうしようか勘案中です。

ロジャー・サスケ

2021/07/10 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします