旧キットのマゼラアタックを仕上げ直してみた。

 キャノピー周辺の白色は省略ですかと問われて、さて色味を間違えたかなと資料を検索してみますと、そもそもキャノピー周辺自体の設定とキットが違っていました。
 防御用のスリットが縦に3本有り、更に正面画では少し装甲がはねていましたが再現すると改造になります。

 そこで次善の策として風防枠を彫り込んで足す事としました。
E5B8D3EA-E1C5-4142-9B2C-F51F7D5D2A60.jpeg
 作業自体は至って単純で、元の筋彫りから目寸法で枠幅をナイフで彫り込むだけです。
 円型なので注意して当たりを付けたら、ラインチゼルの0.1ミリで慎重に深くしました。
9CDD538F-7431-44A4-AFBB-AF9059645860.jpeg
 その過程で最初に貼ったデカールの一部が欠けてしまいました。
 タミヤのデカールのりを使っていましたがデカールそのものが古い為か食い付きが悪く、気付いた時にはTがLになっていました。

 そこで別の柄に貼り替えるついでに少々仕上げを追加しました。
851CCB17-C304-4FBC-891E-C063D3C1E568.jpeg
 今度はLS製1/144 ロッキードSR71のデカールから、少しだけアクの強い物を選びました。
 おおよそ30年以上前の製品でしたが、熱湯に浸したら無事に使用出来ました。
 但しデカールのりを使っても定着が悪かったので、やはり何事も新品を使うのが良いと思われます。
E7EBE738-7DE4-4337-83F1-328F4B7CCD21.jpeg
 次にアクセントとして黄色が欲しかったので、これまた30年以上前に購入したバーリンデン製インスタントレタリングを各所に転写しました。
 劣化が進行して文字が崩れてしまいますが、却って読めない程度の方が雰囲気を醸して良い感じです。
 適当に文章めいた並びとして小スケール感を演出しました。
2A425C79-5DCF-4572-9A9E-A4001954D3BF.jpeg
 最後にキャノピーを1000番やすりで磨いた後に、ガンダムマーカー黒色で2度塗りしました。
 白化したゲート跡も目立たない様に薄塗りして仕上げ直しの完了です。
 それでは次回こそEX版との比較をしてみたいと思います。
関連記事

コメント

コメント(4)
旧キットも
旧キットも仕上がったんですね‼(o´▽`o)ノ
私も一つのキットがきっかけで連鎖的に進むこともありますが、好循環的で良いですね‼( ≧∀≦)ノ

見ているとたまにはガッツリと重厚な塗装でザク辺りを組みたくなって来ちゃいます‼(o´▽`o)ノ    

比較楽しみにしております‼

TAKI ちゃん

2021/07/18 URL 編集返信

これにて完成です。
未完成の比較用素組みの筈が、何の因果で完成にw
本当に迂闊な事はするものじゃ有りませんが、無事にモノになったのは幸いです。(´∀`)
ガルマ用ザクも手元に組み終えて有るので、これもいつか登場するのかも知れませんネ⁉️
それでは最後の比較もお楽しみ下さい〜。(^ω^)

ロジャー・サスケ

2021/07/18 URL 編集返信

一本線
完成おめでとうございます!
なるほど、キットのままだと枠が一本の凹み線だったのですね。
流用デカールのセンスも良いと思います。
ところでジオンマークって黄色と白色では、どちらが標準なのでしょうか?

TW200

2021/07/22 URL 編集返信

そうなんです。
有り難うございます。
当初から違和感を感じていましたが、仕上げてから窓枠が無いのに気付きましてw
色の指摘で設定画を見てから耐え切れなくなりました。
デカールも手元に40年選手がいるので早く成仏させねばと。(^_^*)
ジオン章は通常なら黄色ですが、多用されているだけで公式で設定されてはいないようです。
下地色によって黒や赤も使われているので、似合えば宜しいかと思います。

ロジャー・サスケ

2021/07/22 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします