完成:プロメウスタイプ1号機 重建機仕様

 酒餅11PMの公開に伴い、こちらでも本日より公開いたします‼️
 ウォーカーマシンの中でも特異な立ち位置にいるプロメウスタイプが完成しました。

 数有るWMの中で戦闘用にも関わらず小型に近い中型の体格は、元来は建機仕様だったのが自衛用に特化したからではと考えました。
 そうであれば両腕が非武装だったに違い無いと、機体に似合う部品を探したら1/100トラッド11のオプションハンドに行き当たりました。
3C74E9E9-1E23-445B-ADF4-B4DD9FDFE9A2.jpeg
 この手首はスケール違いにも関わらず、あつらえた様に丁度良い大きさです。
 当初はポリ部品での脱着を目論みましたが、最終的に別件で購入した強力な磁石を採用。
 意外な重みで片腕の関節が保持出来なくなったものの、塗装する際には非常に便利な仕掛けとなりました。
DD4860AC-070F-4492-8150-61557552AA2E.jpeg
 磁石は改造して切り離した銃座にも仕込んだので、繊細な銃身の破損に怯える事無く工作と塗装を進める事が出来ました。
B995F092-7E3F-4FA8-ACFD-23DFD9A9253D.jpeg
 何より僅かながら左右に振る仕草が出来るので、銃座の指向先を演出する小技が効く様になりました。
 これは予想以上に効果的で、今後も類似するキャラクターには有効な手法と思います。

 さて本作では初めてブラック&ホワイト塗装を試してみました。
 これは先に陰影を強調した下地を作り、それを塗り潰さずに基本色を重ねる事で光の明暗を強調表現する塗装法です。
1B086493-8346-4518-913C-687A3F2E52B1.jpeg
 以前から興味が有りましたが、製作時間を無為に使い込んだ今回は何かしら新規軸を入れないと気力が湧かない状況だったので、思い付きながら仕掛けてみました。
D4682F41-10F1-4A22-9821-FFDCA09F59F9.jpeg
 結果は短時間で非常に美しく仕上がり、試した自分自身で驚いています。
 特にプロメウスタイプはマスキングがし易い形状だったようで思わぬ僥倖でした。
 こんな事なら、時間を無駄にせず早くに取り掛かるべきだったと反省しきりです。
1EC34EA3-FFA9-43CD-AF7A-F12A2056A983.jpeg
 細部の追加表現にはエッチング部品やNゲージからの流用部品を使いました。
 やはりスケール感を正確に演出するには近似する縮尺の模型からの流用するのが安心です。
 こうして無事に締め切りに間に合い、新規軸も盛り込めた作品を応募出来て参加を表明した甲斐が有りました。
関連記事

コメント

コメント(7)
綺麗です
しばらく更新されてないと思っていたら 怒濤の進行ですね‼( ≧∀≦)ノ
下塗りの変化から来る 自然な陰影が凄く綺麗でリアルです‼(o´▽`o)ノ
傑作誕生ですね‼(*’ー’*)ノ

TAKI

2021/09/30 URL 編集返信

ようやく公開です‼️
>TAKIちゃんサン
 有り難うございます&お返事遅れてすいません。(⌒-⌒; )
 間違えて公開してたと気付いた時は焦りましたw
 ホントに最後の3日間は怒涛の更新と製作で、反動で今も腑抜けた感じが抜けません。
 すぐにも続きを進めたいのですが仕事で頭が一杯なので、しばらくは更新が滞りそうです。

ロジャー・サスケ

2021/10/24 URL 編集返信

完成オメです(^^)b
WMに言う褒め言葉ではないかもしれませんがシュっとして馴染んでますね〜
そもそもプロメウスが戦闘用だという事を知らなかったワタシですから、コレが元のデザインだと言われてもそのまま信じちゃいますよw

マグネット接続部でポーズ保持が弱いなら、両方の接触面に薄いビニテでも貼れば摩擦が増えて多少マシになるかもしれません

トコロで…陰影とディテールの組み合わせ?で、コクピット直下の辺りがなんだか「モアイの顔」みたいにも見えますねw

へてかるぴ

2021/10/25 URL 編集返信

有り難うございます!
プロメウスはズングリ体型なので、シュッとさせるのを第一にした改修でした。
目標は概ね達成出来たかと思います。
腕が火炎放射器なのが昔から納得し難いので、今回の仕上がりは一つのエポックでは無いかと。
誤算は磁石の重量が予想以上に重く、肘と肩がプラプラ状態です。
ここはマットメディウムを流し込んで固くしようと思っています。

ところでモアイに見えるってどんな感じです?
自分ではよく分かりませんww

ロジャー・サスケ

2021/10/25 URL 編集返信

公開ですね(*’-^)ノ
久し振りの拝見ですが やっぱり凄く上質な仕上がりですね‼
直感的にコメントタイトルを 綺麗ですね‼ とつけようと思ったら最初にしていたコメントタイトルとかぶりました(^◇^)

まあ それほど上品なグラデーションが綺麗に見えるんですよね‼( ≧∀≦)ノ
WM というイメージからは 私的には発想出来ないと思われる上品なプロメウス!!
素晴らしい作品です‼( ≧∀≦)ノ

TAKI

2021/10/30 URL 編集返信

有り難うございます‼️
塗った当人が言うのも何ですが、こんな綺麗に出来ちゃって大丈夫かウチの子は⁉️
と思いましたねぇ〜ww(⌒-⌒; )
ちょっとハマり過ぎてない?って感じでw

普通のブラック&ホワイト法と変えたのは下地をメタリック系にした事ですが、これが透かして塗ると劇的に化ける要因だったようです。
生きているマシーンはガサガサの塗装にしないと決めているので、その点でも建機たるWMは綺麗な印象であって欲しいと思います。

ロジャー・サスケ

2021/10/31 URL 編集返信

素晴らしい
しばらくネットから離れていました。
完成おめでとうございます。
素晴らしい出来栄えに関心しています。
造形面でも素晴らしいのですが、なんとなく透明な感じのする塗装が面白いですね。
金属ではなく、プラスチック的な樹脂製の装甲をイメージしたのでしょうか?
これは何か応用できそうで自分の作品にも取り入れたい塗装テクだと思いました。

TW200

2021/12/09 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします