休日の戦果 ーアドベン デッサンギャル編ー

 週末に仕事で24時間勤務をすると、強制的に翌週は2日の飛び石休暇を取らされます。
 しかも日にちを融通出来ない決まりなので、この休日は久々にアニメ映画を観に行きました。
 演目は『マクロスΔ絶対ライブ‼︎‼︎‼︎銀河争奪歌合戦』。初のデルタシリーズ視聴でした。

 TVシリーズを全く観ずにいきなり最終回を観る暴挙は旧版エヴァ劇場版以来です。
 やはりキャラクターに思い入れの無い状態から観るのは満足感に欠ける部分が有ります。
 その帰り道に中古店をハシゴした所、全ての店で珍しい掘り出し物が得られましたのでご紹介します。
D979803A-C322-4D2D-AA7F-7338EA61D019.jpeg
 度肝を抜かれたのが40年近く前にアドベンが発売した、改造が前提の1/20女性素体フィギュアです。
 ガレージキットがブームになり始めた時期の商品になります。
40EEDD45-5714-422B-987B-E49A61B36199.jpeg
 記憶ではアドベンは塗料を主軸にした独自の商品展開を進めていましたが、時に妙な自社開発キットも発売していました。
 現物は当時も目にしていましたが中身は見た事が無かったので、500円の安値に釣られて購入してみました。
409044F1-DDAC-4967-AE91-16DC25A1E180.jpeg
 中には改造作例を載せたチラシが同梱されていました。
 MS少女やミンメイ、キャッツ・アイらしきキャラクターの選択に時代を感じます。
 手前の座り込んだ女性陣はそのまま組んだ一例でしょう。
D776EC73-063E-4F47-8FF9-F4BD448DFD01.jpeg
 軽く期待に胸をときめかせて開封したキットです。
 同じランナーが2枚2組入っていて、合わせて4人分の製作が可能です。
 40年近く前の造形は意外と悪くない印象です。
EB762A66-9CBA-40E4-9369-52241E1A4E7F.jpeg
 簡易金型と思しきランナーですが総じて悪く無く、柔らかく握った拳が有れば尚良かったと思える完成度です。
 肝心の胴体は胸の表現こそ古めかしいものの、全体的には高い造形力と言えるでしょう。
99708E98-D575-44D1-AF04-1FAE7E78E259.jpeg
 しかし組み立て説明書はキットの印象を悪くする内容です。
 単に裸で組み立てただけでは収まらず、ポーズが1つも参考にならない意図不明な手足の繋ぎ具合に困惑します。
F4D1406A-E6C2-4B05-A8C9-03C5DEDAE341.jpeg
 説明書にはアイディアとカット方法で無限のポーズが与えられるとの表記が。
 それなら肘や膝の角度も変えて、らしいポーズを取らせれば良い具体例になっただろうにと残念な気持ちが湧きます。
F7C0251A-6D60-422F-8C66-047B23868EA6.jpeg
 末尾には原型師を発掘したいのか、商品を使用した改造フィギュアのコンテストの告知が。
 具体的な細目を示さずに一体どれほどの人数が応募したのでしょうか?
 事によってはマスターモデルにしたいとの言葉に、あわよくば次の商品化へとの邪念が透けて見えるのが少しだけ面白く、思惑にすら時代性を感じる一品でした。
関連記事

コメント

コメント(2)
ほお~
フィギュアキットで最近は1/20や1/24でも色々なジャンルで発売されていますが 以前からこういうモデルがあったんですね!

TAKI

2021/10/24 URL 編集返信

そうですねw
ガレージキットの黎明期に合わせて発売された物なので、おそらくは改造素体としての需要を見越して開発されたものでしょう。
ただし売れなかったのは間違い無く、企画はこれだけで終わってしまいました。
やはり最初から完成品としての体を成していないのは無理だったんですね。

ロジャー・サスケ

2021/10/25 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします