1/144 ARV ウグを極める その2

イメージ 1

 ウグの設定画とキットを見比べると、これまでの改修方向は間違っていないものの、太腿の比率が短いままと気付きました。
 そこで曲率が変わる辺りで水平に切断してプラ棒とプラ板で伸ばします。

イメージ 4

 太腿をどれだけ伸ばすかは、3.0mmないしは4.0mmと考えました。
 そこで最初は3mmプラ棒を切り出して並べて接着し、伸び具合が不足なら1.0mmプラ板を追加する事にしました。

イメージ 5


 結果として4.0mm延長が妥当と判断しました。
 接着固定した後はヒートペンで隙間埋めを行い、大まかに整形してから光硬化パテとラッカーパテで修正しました。

イメージ 2

イメージ 3

 シルエットは概ね満足しましたが、左指と頭部リブの細さが気になります。
 一度塗装してみて様子を見る事にします。
関連記事

コメント

コメント(3)
No title
お早うございます。

太もも部延長されたんで、設定画
に近づきかっこいいですね。

ヒートペンの使い方興味あります
😊👍

本郷takeshi

2017/12/16 URL 編集返信

No title
> 本郷takeshiさん

有り難うございます。
劇中でも着地の際に足長な印象でしたので、伸ばして正解だったと思います。
なにより他のARVと比較しても小さ過ぎました。
ひょっとしたら幅詰めせずに伸ばすだけで良かったかも知れません。

ヒートペンは旧キット改造には必需品レベルになりつつ有ります。
今は同時進行中の作品が多くて手が回りませんが、そのうち便利な使い方をご紹介したいと思います。

仮名の世界忍者”Roger SSK”

2017/12/16 URL 編集返信

No title
> 仮名の世界忍者”RS”さん

是非お願いしますね♪
😊✨

本郷takeshi

2017/12/16 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします