アクションベースを塗る その3

イメージ 1

 1週間ぶりの、週末3日目の進行状況です。
 今回はクレーン基礎になる土台部分の塗装です。
 なんだかよく判らないモールドを、どう解釈するかで随分悩みました。

イメージ 2

 今回は有り合わせの塗料を消費するため、308番グレーで下地を塗り込んでいます。
 次に317番グレーを筆で大まかに塗り、ムラを潰すようにエアブラシで塗り重ねます。

イメージ 3

 はみ出し部分を308番グレーでリタッチした後、26番ダックエッグ・グリーンを変化が欲しい箇所に筆塗りします。

イメージ 4

 全体を緑がかった印象にしようと決めたので、AT-03ブルーグレーをエアブラシしました。
 それまで塗った色味を塗り潰さないように、ふわりと薄く乗せるだけにします。

イメージ 5

 外枠の色は一段濃い色味のCB-04グレーグリーンにしました。
 イメージが決まらず悩んでいた時、劇場版ガンダムのロマンアルバムを見ていたら、格納庫の背景色はこの2色が近似と気付きました。

イメージ 6

 ぼんやりした印象をカッターナイフと180番のサンドペーパーで削って立ち上げます。
 剥がし過ぎないように慎重、かつ大胆に削ります。
 クレーン可動域は円形に擦り傷を付けました。

イメージ 7

 生々しい削り跡を馴染ませるために、タミヤエナメルXF-50を薄く塗ります。
 窪みに残るように生乾きした頃にティッシュペーパーで擦り落としました。

イメージ 8

 更に凹凸を強調するため、コピックのグレイッシュラベンダーを上乗せします。
 乾いた後に再び180番サンドペーパーで全体を一皮剥くように軽く擦って出来上がりました。

 当初は意味不明に思えたモールドをどうするか思案に暮れましたが、イメージを掴んでからは一気に仕上がりました。
 着地点が見える作業は気持ちが良いですね。
 次回は旧ザクと合わせて完成状態を公開したいと思います。
関連記事

コメント

コメント(4)
No title
なんか手書きポスター風な仕上がりになりましたね~
最近、こんなに塗装に凝って作業しなくなっちゃったなぁ…反省

へてかるぴ

2017/12/24 URL 編集返信

No title
はい、劇場版ロマンアルバムのポスターから着想しましたので!
やはり原典は偉大です。
悩んだ時に見返すと必ず答えが用意されています。

今回の塗装は休憩を入れて自己最速4時間の作業工程でした。

仮名の世界忍者”Roger SSK”

2017/12/24 URL 編集返信

No title
素晴らしいです。俺!的にこういう記事すきです。色の変化の工程が楽しいです。
見るだけで、勉強になります。ありがとうございました。

俺!

2017/12/24 URL 編集返信

No title
すごく簡単に塗れて実に見栄え良く出来ましたっ。
考証を考え過ぎずに上手く作れた時が一番楽しいですね!
僕もいろんな人から学ばせてもらっていますので参考になれば嬉しいです。

仮名の世界忍者”Roger SSK”

2017/12/25 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

仮名の世界忍者"Roger SSK"

Author:仮名の世界忍者"Roger SSK"
 ここは1970年代から現代までのキャラクター模型を主軸にした模型全般の製作記です。
 他にミリタリーミニチュア、フィギュア、古典キットなども守備範囲としています。
  拍手・感想を頂けますれば、大層嬉しゅう御座います。何卒。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします